「付加価値税の増税と給与税の減税との組み合わせである財政的減価(fiscal devaluation)は、ユーロを脱退して通貨を減価するより簡単な手段であるが、経済に対してほぼ同様の影響をもたらす。」http://bit.ly/wQSmgr posted at 00:00:21

松あきら議員への質問「ダウンロード行為を行った個人を処罰するために必要な捜査を行えるようにするためには、嫌疑が希薄でも個々人のPCに対して捜索差押えをなし得るようにする必要がある。そこまで視野に入れた上で、ダウンロード行為に刑事罰を付す」?http://bit.ly/wD8Vym posted at 20:56:56

資産課税を強化する際には、事業承継税制とパッケージで設計することが大前提「相続税逃れのビジネスに従事する人が増えることは社会全体、経済全体にとって貴重な経済資源の無駄遣い。彼らの仕事は本来は複雑な税制がなければ存在しない、不必要な仕事」http://bit.ly/w5qE9t posted at 11:55:43

準備と覚悟はリーダーの条件 「そして当たり前の結論に到達しました。それは「準備のない人間がトップに立ってはいけない」という極めて単純な結論です。」山内康一 の「蟷螂(とうろう)の斧」http://bit.ly/w8pTyr posted at 11:31:31

「試用期間中の解雇を制限する判例の射程を限定すべきという解釈論が可能であるということと、解雇規制の適用除外を明文で定めるべきという立法論とはそれぞれ独立したこと。まさに、こういう視点で議論できるところが、法と経済の協働の成果」。大内伸哉http://bit.ly/xPborJ posted at 11:07:12

要すれば、政府与党・民主党には、1)マニフェストを実現するための「準備」が全くといってよいほどなかった、2)政権を安定させていくための政党としての「戦略」もなかった、3)中央集権と官僚依存を打破し、多様で活力ある地域主権型国家を構築していく「覚悟」もなかった、ということ。 posted at 11:03:18

先方からは、1)小選挙区の下では、優れた新人が新党から出馬するメカニズムがあり、かつての民主党、現在のみんなの党や大阪維新の会に人材が集まりつつある、2)自ら新陳代謝できる力ある政党を創ることが、小選挙区制の下で安定政権を樹立する条件との指摘あり、得心いく。 posted at 10:56:05

政治部の新聞記者とカフェ。1)茨木の政治は大阪維新の最前線であり、その真価(=55年体制の打破)が問われている、2)東のみんなと西の維新との間のつなぎ役として、新しい市政・府政・国政をリードしていく、と説明。 posted at 10:45:40

おはようございます!今朝は、阪急茨木市駅西口の駅頭で、木本保平市議と滝ノ上万記市議とともに街頭演説。多くの方々にお声掛けいただきました。有難うございました! posted at 10:30:07