消費増税法案に対する渡辺代表の反対討論(抜粋)→「自らの信ずるところに従って投票して下さい!私自身の経験からも言えることですが、党議に反し、離党覚悟で信念ある行動をした議員を国民はよく見ています。国民も天も決して見捨てることはありません。」http://amba.to/LyXBWX posted at 23:23:02

江田憲司幹事長「みんなの党は民間主導の経済成長」「具体的には三本柱。ひとつは規制の抜本改革で官僚の手かせ足かせを成長分野から取り払っていく。例えば福祉、農業、エネルギー・電力分野。二番目は技術革新の重点投資、三番目は金融の大胆な緩和」http://bit.ly/LySwhu posted at 23:11:34

(政権交代直後の鳩山・小沢体制について)「ねじれもなかった。増税の前にやるべきことをやろうと思えばいくらでもできたのに、やらなかった。張本人が今になって「増税の前にやるべきことがある」」「あんた方に言われたくないよ、というのが率直な気持ち」http://bit.ly/LySwhu posted at 23:07:20

江田憲司みんなの党幹事長(小沢Gについて)「わが党は従来からアジェンダの政党と申し上げている通り、政治理念であるとか基本政策が一致したところとは連携を致しますが、そうじゃないところとは連携をしません」「小沢グループとは基本政策が違います」http://bit.ly/LySwhu posted at 22:57:34

渡辺喜美みんなの党代表(小沢Gとの連携の可能性について)「(歳入庁法案、道州制基本法案など)散々政策面で呼び掛けはしましたが、どなたものってこられなかった」「増税に反対というだけで一緒にやるということにはならない」http://bit.ly/LyR1zN posted at 22:49:02

今夜は、友人である角地正直さんのご紹介でひょうごプロデュースオペラ合唱団の有志によるオペラティックコンサートを鑑賞。魔笛の角地さん、それに蝶々夫人の三河紀子さんが素晴らしかった。日本に戻ってきて久しぶりの芸術鑑賞になりました! posted at 22:12:05

RT @sabakuinu: 戦後日本における国会審議時間が長かった委員会については、以下の通りだそうです。 1位:1960 日米安保 136時間 2位:2012 社保・税一体改革 129時間 3位:1971 沖縄返還 127時間 4位:1993 政治改革 121時間 posted at 13:24:21

RT @310kakizawa: 昼、党役員会。渡辺喜美代表「日本の政治史の一大汚点。修正案は民主党の当初のプランの根幹を変える内容なのに、ほとんどまともな審議なく採決へ。まさに増税翼賛体制。戦時中の大政翼賛会の議席占有率(80%)より今の民自公の議席占有率(90%)の方が高い。政治は危機に瀕している。」 posted at 13:22:05

二行目を忘れたのが極右や極左の原理主義。RT@ms06r1a 「武士道とは死ぬことと見つけたり」二行目は「死ぬつもりでやったら意外と命を拾うこともある」くらいの文が続く。「天は人の上に…」も「それでも差が付くのは学問の有無のせいだから勉強しろよ」と続く。二行目を忘るるべからず。 posted at 09:50:07

おはようございます!今日は一日挨拶回り。いい天気です。 posted at 09:32:52

RT @310kakizawa: さて今日はいよいよ消費税増税法案の採決。午前中は特別委で締め括り総括質疑と採決、13時からは本会議で討論と採決。各議員が白票か青票を握りしめて演壇に向かう。駅頭でビラ配りして感じるのは、一部の国会議員やマスコミはこの政局に高揚しているが国民は非常に冷ややかだという事だ。 posted at 09:30:54