自民党の谷垣幹事長が、共産党が民主党に選挙協力を呼びかけている件について、これを受けたら民主党は永久に終わってしまう、という趣旨の発言をされた。もちろん私も同じ意見だし、民主党は既に終わっていると思っているが、そうであれば、大阪自民党が共産党の支援を受けているのも同じではないか。

正確には谷垣幹事長は、「共産党は『平和安全法制』を巡り、上手に立ち回り、民主党に選挙協力をしてもいいよと甘いささやきをしている。これを受けたら、民主党は一体何をやる政党なのかという疑問が出てきて、野党第一党として、自民党に対抗する力を作ることは永久にできなくなる」と仰ったという。

他党を批判する暇があったら「共産党は『大阪維新の政治』を巡り、上手に立ち回り、大阪自民党に自主支援をしてもいいよと甘いささやきをしている。これを受けたら、大阪自民党は一体何をやる政党なのかという疑問が出てきて、大阪維新の会に対抗する力を作ることは永久にできなくなる」と指導すべき。

谷垣氏は、昨日結党大会を開いた新党「おおさか維新の会」についても、「何をやるか分からない党を伸ばすわけにはいかない」と批判したという。本当に失礼な話だが、こういう的外れで意味不明なことを仰るからこそ、未だに総理になれないんだろうな、と改めて得心がいった次第である。

残念な人である。