今夜は、国会会期を終え地元の支持者の方々と維新の改革について語り合いました。私の政治活動を当初から応援してくださってきた方々であり、感謝は尽きません。私からは、国政で成なねばならない改革は大阪の橋下改革の十倍も百倍も困難な大事業、僭越ながら足踏みしている時間はないと申し上げました。

明日3日には、7月の参院選に向けたマニフェストも公表し、事実上の選挙戦に突入します。渡辺喜美元みんなの党代表や河村市長率いる減税日本の候補者、更には田中康夫元長野県知事の擁立に、一部マスコミには維新スピリッツを維持できるのか等の懸念を取り沙汰する向きもありますが、絶対に大丈夫です。

渡辺元代表も、河村市長も、そして田中元知事も、全員が党組織や団体を率いたことのある改革派の政治家です。そして国政政党おおさか維新の会には、橋下前代表とともに作った「綱領」があります。大阪に本部を置くおおさか維新の会の基本政策を実現するため、必ず力になって下さるものと期待しています。