東京都議選、日本維新の会の4陣営それぞれが戦い切ってマイク納めをすることができました。本当に有難うございました!投票箱が閉まるまで大田区の【やながせ裕文】、町田市の【えびさわ由紀】、足立区の【鈴木かつひろ】、世田谷区の【ひえしま進】に対し、力強いご支援を宜しくお願い申し上げます!

さて、今回の都議選は異様でした。昨年の都知事選で小池さんが当選してから1年足らず。この間、都民の皆様に一番心配をかけてきたたはずの築地市場の豊洲地区への移転問題について、維新の4陣営以外誰も触れようとしないのです。小池ファーストもですが、戦ってきたはずの自民党も触れようとしない。

おかしくないですか? 小池都知事は、都議選が告示される日の3日前、6月20日に緊急会見を開き、選挙ファースト全開の「築地は守る・豊洲を活かす」提案を一方的に説明し、ほとんど記者の質問を受けず選挙戦に突入したのです。本来であれば自民党こそが小池都知事の姿勢を正面から批判すべきでは?

ところが自民党は最後まで市場問題を取り上げようとしなかった。これでは、都民ファーストのことを選挙ファースト、小池ワースト等と批判する資格はありません。結局、都民ファーストのみならず自民党も、選挙のことだけを第一に考える、票のことだけを第一に考える、選挙ファーストそのものなのです。

そうした中で、小池都知事と一線を画し、いい政策はいい、ダメなものはダメとはっきり言い続けてきたのは柳ケ瀬都議だけ。今頃になって自民党の小泉進次郎議員が小池都知事に「是々非々」と言い始めたようですが、安倍政権であれ小池都政であれ、真の意味で是々非々を貫いてきたのは維新の会なのです。

小池都知事は、維新の柳ケ瀬都議が求めた天下り規制もゼロ回答、公約に掲げている情報公開も言葉だけ、豊洲の安全情報は1ヶ月以上公表せず、築地市場の地歴情報も私たちが情報公開請求した2月末まで隠蔽を続けたのです。小池都政の暴走を糺すことができるのは日本維新の会の公認4候補だけなのです。