21日に投開票された地元大阪は箕面市の市議会議員選挙では、大阪維新の会の公認候補7人のうち6人が当選、市議会の最大会派を構成することとなりました。市民の負託に応えゆくため、一致団結して働いてまいることを改めてお誓い申し上げたいと存じます。

それにしても今回の選挙戦、本当に厳しい戦いでした。議員定数23のうち、公明や共産といった組織政党等の指定席を除くと保守系の競争的議席は11、あるいは、せいぜい12に過ぎず、そこに府議会の議席(定数2)を分け合う自民と維新の府議が、それぞれ自民8、維新7の市議候補を擁立したのです。

いわば、市議会議員選挙(定数23)が府議会議員(定数2)の代理戦争の様相を呈し、仮に自民と維新を保守系として大くくりにすれば、保守系から3、4人の落選は必至という厳しい選挙となり、開票の結果、自民系はなんと3人が落選、大阪維新も経験豊かな現職1人を失うこととなったのです。

選挙戦に当たって大阪維新の会は、新・箕面維新八策と題する包括的な政策提案を行いました。中でも議会改革については、議員定数4減、第二の給料=政務活動費の全廃、追認型議会から政策立案型議会、予算要望から予算編成参画型議会など。対する箕面の原田自民は徹底した「争点隠し」に走りました。

箕面維新が議会改革を政策の一丁目一番地に掲げたのに対し、原田自民は「政党間対立」を煽っていると維新を批判。挙句の果てには、匿名の発言を引用し、倉田市長陣営が迷惑している、と喧伝してきたのです。反証しようのない匿名の発言を引用するなど国政の民進党紛いの酷い言い回しでした。

もちろん、オール与党の首長選挙を盾に議会議員選挙の「争点隠し」をするのは、珍しいことではありません。いまの地方政治は二元代表制ですが、多くの地域でオール与党化が常態化し、4年に一度の選挙戦も、いったい何を選択しているのか分からない、形骸化が深刻化しています。

オール与党化によって、首長は安定政権を築くことが出来るし、議会議員たちも甘い汁にありつくことが出来る。しかし、それでは、改革は進まないし、何よりも、4年に一度の選挙が形骸化し、投票率が上がるわけがないのです。「政策競争」すべき議会議員選挙が名前の連呼に終始する理由です。

私は、箕面の原田自民が主張したような、首長の陰に隠れて追認するだけの議員、予算要望するだけの議員であれば、報酬などいらないし、定数だって大幅削減したらいいと思います。一方、私たち大阪維新の会は、国会であれ地方議会であれ、もっと議論する場に、意見集約の場にすべきと考えています。

議論する議会、議論する国会といってもイメージできない方には、ぜひロンドン議会の座席の配置をご覧いただきたいと思います。日本では、政府を追及し首長を追及するのが議会であると矮小化され、与党は居眠りするのが仕事になっていますが、本来の「議論する議会」を作っていく必要があるのです。

なお、備忘録として、箕面の選挙戦の間に箕面選出の自民党府議(原田氏)とのツイートのやり取りを添付しておきたいと存じます。既得権を維持し議会改革に抵抗する議員たちが政府や首長の陰に隠れて「争点隠し」に躍起になっている現実をリアルに感じていただければ幸いです。

関連動画1
2016年7月1日 参議院大阪選挙区 阪急箕面駅 街頭演説 おおさか維新の会 松井一郎 原田自民による手柄横取りを松井維新代表が猛批判

関連動画2
2016年8月20日 箕面市議会議員選挙 粟生ショッピングセンター 街頭演説 大阪維新の会 足立康史 議会改革反対の原田自民による争点隠しを徹底批判

 

1.政党間対立か政策競争か

SADL
8/21投票の箕面市長選・箕面市議選。倉田哲郎市長を大阪維新と自民党などが相乗りで支持しているが、倉田氏は自民党が反対した大阪市解体に賛成を表明している。さらに「今こそ維新!」と書かれた維新のポスターやビラにも登場している人物。

原田
住民置き去りのSADLは残念。箕面のためになる市長だからこそ我々は支持してる。そもそも都構想は所詮大阪市を5つに解体する話で箕面には関係ないし、倉田哲郎市長は決定権者でもない。例えばの話、私は倉田市長が憲法改正反対してても支持する。

足立
大阪都構想が箕面に関係ないという原田府議の認識自体が大阪自分党の典型的な主張です。
これが当に、倉田哲郎市長が原田議員が支援する候補者よりも大阪維新の会の候補者7名全員当選にこだわってられる理由ですね。
分かりやす過ぎます。

原田
明らかな嘘。倉田哲郎市長@KurataTetsuro が自民より維新の当選に力を入れてるとか残念ながら全くない。この選挙中、倉田市長から街宣要請があった日数が一番多いのも自民党。自民党は最大会派としてこの8年一緒に改革を進めてきた。

足立
まあ、倉田市長については、どっちでも構いませんが、都構想に関する批判だけは看過できません。
明日からの選挙戦では、「都構想は箕面に関係ない」と言い切った原田議員のアホ発言を取り上げ、その不見識を明らかにしてまいりたいと存じます。

原田
完全に敵を見失ってる。箕面において市政改革を進めるため落選させるべきは共産党。原田憲治衆議院議員に選挙で負け次の選挙のため保身で自民批判をしたいのはわかるが、いつまで政党間対立を繰り広げるのか。お互い共産を落とすべく頑張りましょう。

足立
口だけの大阪自分党、格好つけの原田議員らしい逃げ口上。選挙で競い合わずして、いつするのか。
対立でなく政策競争。

 

2.自共共闘について

足立
口だけの大阪自分党、格好つけの原田議員らしい逃げ口上。選挙で競い合わずして、いつするのか。
対立でなく政策競争。
格好つけてるヒマがあるのなら、二度と共産党と共闘することはありません、と宣誓でもしたら、どうか。

原田
二度と共産党と共闘することはない。一貫してる。あと、逃げるも何も毎度のことながら今日も勝手にあなたが私に絡んできて、倉田市長が自民より維新を応援してるとかいつもの嘘八百を並び立てたので事実を述べた訳です。政策競争の前に嘘をつくな。

足立
一度でも共産党と共闘した大阪自民党が、「二度と共産党と共闘することはない」と言える根拠は何か。
君たち大阪自分党が共産党と共闘した理由は、ただ一つ、保身であり既得権の維持だった。
それが、変わった! というなら、その根拠を示せ。

原田
嘘をついた部分に関しては逃げるのですね。相変わらずのご都合主義。共産党と共闘したというより、府民のためにならない都構想や知事に対し反対の態度が一致しただけ。国政でも府政でも、維新や自民、共産が共通の態度になることは珍しくないでしょ。

足立
大阪維新の会・箕面は、身を切る改革と議会改革を公約の一丁目一番地に位置付け、今回の箕面市会議員選挙に臨んでいる。
原田自民党が「二度と共産党と共闘しない」と宣言するなら、市民がそれを信用できるよう、その覚悟を具体的に示すべきだ。

原田
だから連日共産党の批判を街頭演説はじめSNSなどで展開してるのですが。
政党間対立を超えて、箕面のために、倉田哲郎市長や箕面市議会保守系の躍進に向けて明日からともに頑張りましょう。

足立
共産党を批判していることが「覚悟」と!?
共産党批判なんか寝ててもできる。
議員が覚悟を示す一番大事な方法は、政策であり、その実行だ。
いやしくも「保守」を名乗るなら、保守らしい覚悟を「政策」で示したらどうか。

 

3.争点の明確化

原田
国会でアホバカと批判するだけのあなたにだけは言われたくない。耳に聞こえの良い政策を並べ立てるより大事なことは、それを実行し成果を出すこと。我々自民党は倉田哲郎市長とともに8年間箕面市議会の第一党として、箕面市政改革に取り組んできた。

足立
驚いた。
箕面の自民党は、倉田市長に抱きつくだけで、自らの政策なし?公約なし?議会改革はしたくない?
議員定数はどうする?
政務調査費はどうする?
大阪府議会でも議会改革に反対した自民党は、箕面市議会でも改革に反対する?

原田
抱きつくというか、ずっと箕面市政改革を倉田市長と自民党が一緒にやってきたんですけどね。

足立
箕面維新の議会改革提案に箕面自民は賛成?反対?
あるいは対案はある?ない?
それくらいは明らかにして、今日からの選挙に臨みましょう。
有権者のためです。宜しくお願いいたします!

原田
箕面市は人口も増え、北急延伸や新名神の開通などまちが発展し行政分野も多様化する中で議員定数削減は不要。政務活動費は必要。箕面市議会は全国でも有数の政務活動費のチェックや使途の厳しさで不正支出ができなくなっている。あとの改革は賛成。

足立
ようやく、争点がハッキリしました。
ありがとうございました。
おやすみなさい。

 

4.民共まがいの「デマ」

足立
箕面の原田自民党が、保守系として共産党批判に徹するよう、維新に求めてきていた理由が分かりました。
議員定数や政務調査費に係る維新の改革に本音では反対だが、維新と自民との違いを市民に悟られたくなかっただけ。
分かりやす過ぎます。

原田
逆に、神代議員はじめ維新は政務活動費を削減し報酬に上乗せするべき!と主張してきたが、政活費削減する必要性は?人口増加し北急延伸などまちが発展し続けていて行政サービスが多様化してるなか議員定数削減する必要性と定数4人減の人数の根拠は?

足立
出陣式の後、候補本人から「全くのデマだ」との確認をいたしました。
支持者の皆様からも、原田自民のツイートはデマばかり、と厳しい声が上がっています。
仮にも保守を名乗るなら、共産党まがいのデマだけは控え、正々堂々と闘いましょう!

原田
その言葉そのまま返します。倉田哲郎市長が自民より維新を応援してる等という嘘をついた謝罪もなし。箕面市議会の政務活動費に関する代表者会議で、神代議員は政務活動費を議員報酬に上乗せすべきと主張された。出席してた他の議員に聞いても明らか。

足立
まあ、もう止めますが、
都構想への賛否が倉田市長と自民会派で異なっている中、倉田市長に抱きつくためには、都構想は箕面と関係ない、と強弁せざるを得ない
よく分かります。

足立
箕面の議会改革を先頭に立ってリードしてきた維新の神代しげちか候補を、議会改革に反対する原田自民が、挙げ足取りとレッテル貼りで批判するのも、よく分かります。
原田自民は、公約もなく、維新の改革を批判する。国政の民進党と瓜二つです。

 

5.争点の更なる明確化

足立
箕面市議会議員選挙。大阪維新の会公認の7人は、新・箕面維新八策を掲げ選挙に臨んでいます。
中でも議会改革は議員の専権事項。原田自民は改革なし覚悟なしで、維新の議会改革に反対を明言。

原田
本日は倉田哲郎市長候補の出陣式に出席、一言激励させて頂きました。自民・維新・公明・政友会(旧民主系)一致結束し倉田候補を応援しています。これを共産党は野合と批判するが、箕面のためには倉田候補しかいないという想いで我々は団結している。

足立
議会改革では、維新と自民も競争相手ですね。
箕面維新は、身を切る改革と議会改革を提案していますが、箕面自民は共産党と一緒に反対。恥ずかしい限りです。

原田
箕面市は、住みよさランキング・活力ある都市ランキングともに大阪1位。自民党は市議会第一党として倉田市長と市政改革を進めてきた。今回、自民党は市議会第一党に甘んじることなく、新人3人を擁立し組織の新陳代謝を図り、改革を更に加速させる。

足立
大阪維新の会は、7人全員の当選にこだわる。
なぜか。
身を切る改革、議会改革を掲げているのは大阪維新の会だけだから。
一方の大阪自民党は、現職に新人をぶつけて「新陳代謝」といい、維新の議会改革に反対を明言。

足立
箕面市の倉田市政は、この8年間、橋下松井府政と手を携えて、北急延伸の例を挙げるまでもなく箕面市政を大きく前に進めてきました。しかし、緑と利便性の両立した北摂の町々を子供たちお孫さんたちの代まで引き継ぐ基盤を完璧に作り上げていくためには、まだまだ課題が山積しています。

足立
その足を引っ張っているのが、箕面市議会であり、反対ばかりの共産党と口先ばかりの自民党です。箕面を前に進めてきたのは上島維新であって原田自民ではありません。その証拠に、箕面維新の会が訴えている「議会改革」に原田自民は反対。結局、「オラが町」利権の巣窟、保身の集団なのです。

 

6.原田自民による「争点隠し」

原田
箕面市政改革を倉田哲郎市長候補とともに第一党として進めてきたのが自民党。党派を超え是々非々でやってきた箕面市議会に政党間対立を煽り、足を引っ張ってるのはあなただ。朝から倉田哲郎陣営があなたに、余計な発信で邪魔するなと怒ってましたよ。

足立
倉田市長に抱きつくだけ。何故、正々堂々と政策を競い合うことができないのか。
身を切る改革と議会改革を掲げるのは神代候補率いる箕面維新、上島維新だけ。
倉田市長候補陣営の言葉を借りて、争点隠しするんでなく、自分の言葉で政策語れ!

足立
身を切る改革や議会改革といった維新の改革に反対する原田自民。
既得権を維持したいための争点隠し。その先頭に立っている自民府議。
そういえば、松井知事が仰っていましたよ。働いてないのに働いてると嘘ばかりの原田自民を黙らせろ、と。(動画

足立
原田さん、そこまで言うなら、倉田哲郎陣営のその人物の名前を言いなさい。私も倉田後援会の顧問の一人。もし倉田後援会が市議選の争点=議会改革に口出ししてくるなら、許すわけにはいきません。批判は民進党まがいの匿名でなく実名でやりなさい。

足立
後援会じゃなくて、選対顧問でした!
尚更、許すわけにいきません。

原田
一般の方の名前をここで出せるはずないでしょ。会ったら直接伝えてあげますよ。私も倉田哲郎市長陣営の選対顧問の一人として言うが、市長選の迷惑をかけるな。政党間対立を煽り内部の対立を生むのは迷惑しかない。あなたに倉田陣営本当にお怒りです。

足立
日本死ね!匿名ブログの民進党山尾政調会長と全く同じ言い訳
情けない限りです。
地方自治は二元代表。市長選陣営になんと言われようと、議会改革はなんとしても断行します。
倉田陣営を隠れ蓑にする原田自民。
恥ずかしい限りです。

足立
国政の民進党まがいの「匿名戦略」
根拠も示せない権威を持ち出して、争点隠しに奔走する原田自民。

足立
箕面維新の7人の侍は、身を切る改革や議会改革を公約。
8候補抱える原田自民は、いずれの改革にも反対を明言。
私はこれが市議選最大の争点だと思うのですが、原田自民は市長選に迷惑だからと争点隠し。
二元代表制が分かってないのか💢💢

足立
市長与党であることを言い訳にして議会改革を怠ってきたのが自民党の大阪府連と東京都連。
そうした馴れ合いの府議会を改革したのが大阪維新、都議会も来年6月の選挙に向け正念場。
箕面市議会の議会改革を、いま問わずして、いつ問うのか。