7月14日に衆議院の平和安全法制特別委員会において行った安保法制に関する質疑について、Youtubeにアップされた主な動画の視聴回数が合計5千回を突破しました。
憲法適合性を確保しつつ日本を取り巻く安全保障環境の変化に対応する維新の党の独自案と政府与党案との対比を行ったものでありますが、特に注目いただいたのは、審議拒否する民主党を批判した部分だったようです。

もちろん、安全保障法制についてもしっかり質問し、その質疑内容についても報道されているところです。

(注目!安保国会)14日@衆院特別委:朝日新聞デジタル

以下のリンクには、視聴回数の多い動画を複数貼り付けておりますが、いずれも同じ質疑である旨ご承知おきいただき、ご覧いただければ幸いです。

2015年7月14日 衆議院 平和安全特別委員会 一般質疑 総選挙の民意と解釈改憲、政府与党案と維新案