国会という茶番劇 – 維新が拓く日本の新しい政治 – (ワニブックスPLUS新書)

8月22日に発売、配本されました。950円ですので、是非お手に取ってご一読ください。

目次

はじめに

第1章 〝万年与党〟自公政権が日本を滅ぼす

 第1節 憲法9条を巡る自民党の軽薄さ

  • 憲法改正への覚悟が見えない自民党
  • 維新の憲法改正原案に9条がないワケ
  • なぜ来日したアメリカ大統領は献花しないのか
  • 戦争被害を受けても国民は泣き寝入り
  • 日本版CIAやスパイ防止法を整備せよ

 第2節 ポスト安倍が期待できない理由

  • 石破茂さんを僕が名指しで批判したワケ
  • 実は素晴らしい玉木雄一郎の「こども国債」
  • 小泉進次郎さんの「こども保険」の何がダメなのか
  • 進次郎さんにはもっと他流試合に臨んでほしい
  • 進次郎と雄一郎、どちらが総理に相応しい?

 第3節 自公政権というシステムの限界

  • 戦後の創価学会が果たした知られざる功労
  • 公明党は自民党の生命維持装置か下駄の雪か
  • 豪族の既得権を維持するための世襲システム
  • 小選挙区制下の万年与党は最悪の民主主義
  • 自民はタンカー、野党はイカダ、維新は最新鋭ボート

第2章 万年野党議員ほど気楽な商売はない

 第1節 共産党と根腐れした「オリーブの木」

  • アホばか野党議員たちを自民党が守っている?
  • すでに自民党国対の軍門に下っている辻元議員
  • 照準を辻元議員から日本共産党にシフトした理由
  • 共産党と連携しながら『まっとうな政治』だって?
  • 「オリーブの木」の根っこは根腐れした共産党

 第2節 こんなに気楽な万年野党の議員たち

  • ああ恥ずかしい山井議員「ボリス・ジョンソン事件」
  • モリカケ問題の本質は「岩盤規制」側からの逆襲
  • 自民党国対からのプレッシャーが職員を死に追いやった?
  • 万年野党の代表ほど気持ちのいい仕事はない
  • もう茶番劇はいらない! 挑戦する野党が必要だ

 第3節 今、必要な政策構想力と実行力  

  • 期待していた国民民主党・玉木さんとの連携
  • 小沢一郎さんと手を結んだ玉木国民民主党
  • 海外調査で改めて気づかされた野党の役割
  • 捕れない球を投げて「捕れ!」と怒る野党
  • 超党派で夫婦別姓について考える勉強会を開催

第3章 日本の何を守り何を変えるべきか

 第1節 「皇室の弥栄」をどう支えていくか

  • 令和への御代替わりと国会議員の重い責任
  • 悠仁親王殿下廃嫡論をとる野党の軽率
  • 男系男子の皇統と皇室への敬慕の念
  • 「皇統」は必要条件、「直系」は十分条件
  • 世界から尊敬を集める皇室の力

 第2節 簡素で公平な「挑戦のための安全網」

  • まったく論戦にならない国政選挙のレベルの低さ
  • 僕がマイナンバーにこだわる理由
  • 外国人の在留管理で実現したかったこと
  • 給付付き税額控除のすごいパワー
  • 年金保険は給付と負担を均衡させよ

 第3節 放送通信の融合と「政治メディア」の未来  

  • もうテレビの地上波放送なんていらない!
  • 放送電波利権を守るためだけの放送法改正
  • 国政政党として初めてマニフェストに明記
  • 政治をイノベーションが乗り越えていく
  • 政治メディアの脆弱性をどう乗り越えるか

第4章 「三都物語」が織りなす日本の未来

 第1節 僕が政治を志した原点・福島

  • 福島第一原発事故こそ僕が政治を志した原点
  • 維新の「原発再稼働責任法案」を国会提出
  • 「原発ゼロ基本法案」が審議入りしなかったワケ
  • ホルムズ海峡の有志連合が問う政治の判断
  • 核のゴミの処理もできる次世代原子炉で未来を拓け!

 第2節 日本経済の双発エンジン・大阪

  • 江戸は政治、京都は文化、大坂は経済の中心だった
  • 「三府」から「一都」を経て、再び「二都」を目指すワケ
  • 「三都物語」のおかげで助かった!
  • 公明党大阪府本部とガチンコ勝負に出た大阪維新の会
  • 都構想は「二都」以外の大都市にも必要か

 第3節 日本の平和と安全の礎・沖縄

  • 普天間の辺野古移設を巡る法廷闘争は泥沼化
  • 橋下さん提案の「米軍基地設置手続法」とは?
  • 手続法がない理由を説明できない防衛官僚
  • 憲法9条改正でトランプのボールを打ち返せ!
  • 今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄

おわりに

国会という茶番劇 – 維新が拓く日本の新しい政治 – (ワニブックスPLUS新書)