2021.10.27【衆院選9日目】『北摂の未来は、私に任せて!』あだち康史

衆院選9日目は、南茨木からスタートしました。

秋晴れで、すがすがしい思いで立たせていただきました。

選挙戦も残すところあと4日となりました。

国会の仕事の生産性をあげたい!

仕事をしない国会議員、生産性の低い国会の論戦。見てられないという方のお声をいっぱい聞きます。


万年与党と万年野党が馴れ合いの生産性の極めて低い仕事に終始している国会をつくり直して、私【あだち康史】は、大阪から日本を変えます。

次の10年を作るのはわたしたち【維新】です!

成長しない経済と、そして高齢化する社会を目の当たりにしながら結局この30年間、自民党は何もできなかったんです。そんな自民党に、次の10年を任すことはできません。


この選挙の前に、皆さまに24ページの冊子を20万部印刷して、お送りしてお読みいただいているように、弱小野党であっても、あれだけの仕事をすることができました。


与党だからとか、野党だからとか、そんな小さなことで日本の国は動いているのではありません。
日本が変われば、北摂、茨木、箕面、池田、豊能、能勢をもっともっと豊かに出来ます。
私【あだち康史】に、皆さまのお声、皆さまの想い、託していただきたい。


ぜひ私を小選挙区で押し上げていただいて、私に仕事をさせていただきたいんです。


この北大阪、北摂の未来、子どもたちの未来、日本の未来は、私【あだち康史】に任せていただきたい。
ぜひ大きな力を私に、【維新】に、【あだち康史】にお願いします。


2021.10.27 あだち康史