地域政党「大阪維新の会」が結成されてから本日2020年4月19日でちょうど10年となりました。当時、私は、日本政府からの派遣でEU本部のあるベルギー・ブラッセルに駐在をしていましたが、中国によるロビー活動の物量に危機感は募るばかり。そんな中で地元大阪の人々に希望を与える橋下維新の動きは、目を見張るものがありました。

翌2011年3月11日、忘れもしない「東日本大震災」と東京電力福島第一原発事故が発災しました。ブラッセル事務所のテレビに流れるCNNの映像に、これはただ事ではない、政治の統治能力を巡る長い戦いが始まる、と直感し、そのまま辞職願を提出し、3月31日付けで21年勤めあげた経済産業省を退職、生まれ育った地元大阪に戻ったのでした。

大阪では、翌日4月1日に統一地方選挙が告示されましたので、即日、地元の維新候補の応援に入り、国政から維新政治を応援したいとの観点から9月8日に「みんなの党」に入党しましたが、渡辺喜美代表や江田憲司幹事長と袂を分かち、一年後の同じ9月8日に離党、2012年11月17日に「日本維新の会」公認を得て12月16日投開票の総選挙で初当選をさせていただいたのです。

それから本年は8年目。二回の解散総選挙を挟みながら、様々な支持者の皆さま、同僚議員の皆さまと交流し、大阪のため、日本のために力を尽くして参ったつもりですが、反省点も少なくありません。現在、直面している新型コロナウイルスとの戦いを乗り越えて、その上で、「パンデミック後の新しい経済社会の構築」に邁進してまいりたいと存じます。

今回の試練は、日本のみならず世界を震撼させていますが、特に日本の統治機構の課題、原発事故というシビア・アクシデントを通じて目を覚まし、改革しなければならなかったリスク・コミュニケーションを巡る深刻な課題が、改めて衆目のもとに晒されました。リスクと正しく向き合い、真の意味で「国民の生命と財産を守る」ための新しい政治・行政を創っていくことを改めてお誓いします。

2020年4月19日
日本維新の会 国会議員団 幹事長代理
衆議院議員 足 立 康 史