CATEGORY

あだち康史のコラム column

れいわ新選組の“妥協の産物” - 何の解決にもならない「参院の負担」 -

1.松井代表や維新の会への批判 明日からの国会に先立ち、昨日7月30日に参院の議運委(議院運営委員会)が理事会を開き、参院選で初当選した重度の身体障害がある参院議員2人の国会内での介護費用(移動支援)について、「参院が負担する」ことを決めました。 この点について、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は、「原資は税金。国会議員だけ特別扱いするのか」と疑問を呈し、介助費は自己負担にすべきとの考えを示 […]

NHK改革を地上波にのせたN国党の功績 - NHK改革は「イノベーションの必然」 -

1.NHK改革を地上波にのせたN国党の功績 N国党の立花代表と丸山さんが会談して入党を決めたと報じられていますが、相変わらずマスコミは低レベルの報道に終始していて辟易してしまいます。 立花氏は、私に対するものを含めて名誉毀損等を公言しながら実行する破天荒なところがあり、そうした手法には、引き続き訴訟も視野に検討していくつもりですが、今朝のフジテレビ「とくダネ!」はじめ地上波にNHK改革をのせた功績 […]

「与野党攻防」という猿芝居 - 自民党に本質的チャレンジを挑む -

本日6月26日、令和元年の通常国会が閉幕するにあたり、何か所感をまとめておこうと考えましたが、昨日の衆院本会議に上程された安倍内閣不信任決議案に対する反対討論に尽きていますので、再掲し、会期末の所感に代えさせていただきます。 日本維新の会の足立康史です。私は、党を代表し、ただいま議題となりました安倍内閣不信任決議案に対し、反対の立場から討論を行います。いま、自民党の皆様から拍手を頂戴しましたので、 […]