大阪9区(茨木市 箕面市 池田市 豊能町 能勢町)衆議院議員 足立康史 公式ホームページ
コラム&活動報告
  • HOME »
  • コラム&活動報告 »
  • コラム

コラム

展示作品は芸術でなく政治の小道具 ― 経緯を含めて次元を変える悪知恵 ―

1.展覧会の中止でなく展示物を撤去すべきだった 愛知県で一昨日8月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展」は、開幕3日目をもって中止されることとなりました。愛知県の大村知事や芸術監督を務める津 …

れいわ新選組の“妥協の産物” - 何の解決にもならない「参院の負担」 -

1.松井代表や維新の会への批判 明日からの国会に先立ち、昨日7月30日に参院の議運委(議院運営委員会)が理事会を開き、参院選で初当選した重度の身体障害がある参院議員2人の国会内での介護費用(移動支援)について、「参院が負 …

NHK改革を地上波にのせたN国党の功績 - NHK改革は「イノベーションの必然」 -

1.NHK改革を地上波にのせたN国党の功績 N国党の立花代表と丸山さんが会談して入党を決めたと報じられていますが、相変わらずマスコミは低レベルの報道に終始していて辟易してしまいます。 立花氏は、私に対するものを含めて名誉 …

「与野党攻防」という猿芝居 - 自民党に本質的チャレンジを挑む -

本日6月26日、令和元年の通常国会が閉幕するにあたり、何か所感をまとめておこうと考えましたが、昨日の衆院本会議に上程された安倍内閣不信任決議案に対する反対討論に尽きていますので、再掲し、会期末の所感に代えさせていただきま …

今次の放送法改正案に反対すべき理由 - 令和元年はNHK改革の正念場 -

週明け5月14日(火)の衆院総務委員会で放送法改正案の採決が行われます。衆院の総務委員である私は、党政調の総務部会長として反対の論陣を張ってきましたが、参院の総務委員である片山虎之助共同代表が賛成すべきとの立場であるため …

都構想の基礎を作った反維新勢力 - 自民公明の本当のアキレス腱 -

1.都構想の基礎を作った反維新勢力 全国11知事選挙に加えて6政令市長選挙が告示日を迎え平成最後の選挙、統一地方選挙が本番を迎えました。中でも大阪府知事と大阪市長とのダブル選挙は、国政への影響も含め特に注目されています。 …

大阪ダブル選挙、候補者の第一声を斬る! - 都構想に係る若干のコメント -

平成最後の選挙となる統一地方選挙のトップを切って11道府県の知事選挙が本日告示されましたが、その中でも最も熾烈と言われる大阪府知事選挙。立候補した元府副知事の小西禎一氏(64)と前大阪市長の吉村洋文氏(43)の第一声に若 …

旧軍用墓地の再生へ一歩前進 - 国立墓地へ憲法改正も視野に議論を -

大阪の真田山陸軍墓地はじめ全国の旧軍墓地が荒廃している問題については、大阪市の吉村洋文市長らが国に改善を要望し、日本維新の会の東徹参議院議員、浅田均参議院議員らが国会で取り上げ(私の質問動画はこちら)、党としても政府に要 …

ポスト平成の新しい政治と社会をつくる ― “情”と“理”の両刀を使いこなして ―

明けましておめでとうございます!2019年の幕が開けました。今年も地元の茨木神社で石門会の皆さまと新年を迎えましたが、このまま始発の新幹線で上京し、皇居での新年祝賀の儀に参列、天皇皇后両陛下にご挨拶申し上げます。今年の4 …

”猿芝居の大道具”になり果てた不信任決議案 - 繰り返される“ブーメラン”と“ご都合主義” -

1.”猿芝居の大道具”になり果てた不信任決議案 昨夜(11月27日夜)、外国人労働者の受け入れを拡大するための入管法(出入国管理及び難民認定法)改正案が、ムダに長い本会議を経て、自民公明そして維新の賛成多数で可決し参院に …

Page 1 / 2412»
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.